味噌の作り方 発酵食品のチカラ

味噌の簡単な作り方を紹介しています。圧力鍋やフードプロセッサーを使えば、手軽に作ることが出来ます。誰でも失敗なく、確実に美味しく作れます。
手作りの味噌の味わいを是非楽しみましょう。

味噌の作り方
手づくり味噌

レシピ考案者: 
美容食インストラクター/管理栄養士
池上淳子

池上淳子

味噌は毎年、大量に作って、1年かけて食べます。
発酵食品は腸の善玉菌を活発にさせて、腸内環境を整え、美腸効果が得られます。
同じ材料でも、作り手によって味や風味は変わります。
同じ人が作っていても毎年、味や風味は変わります。
生き物を相手にしているなぁと感じるところです。
今年も仕込み終わりました。

色々な味噌をつくってきて、この配合におさまっています。
少し甘口です。

味噌の材料はシンプル
大豆と米麹と塩

米麹の量を多くすると甘口になります。
お好みで作ってください♪

材料

乾燥大豆 500g
生米麹 1㎏
塩 250g
他、水

作り方

1乾燥大豆をたっぷりの水で一晩つけます。8時間以上

大豆を8時間以上水に浸ける
大豆を8時間以上水に浸ける

2水につけた大豆を鍋で火にかけて沸騰させて、アクを取り除く

沸騰したらアクをとる
沸騰したらアクをとる

3圧力鍋で加圧30分、自然放置にする

加圧30分、自然放置する
加圧30分、自然放置する

4粗熱をとったらフードプロセッサーにかけてペースト状にする
お好みで、つぶつぶ感を残したり、袋に入れて潰したりする

フードプロセッサーにかけてペースト状にする
フードプロセッサーにかけてペースト状にする

5ボウルに米麹と塩を入れて、手ですり合わせる

塩と米麹を手ですり合わせる
塩と米麹を手ですり合わせる
米麹のチカラで手はスベスベ
米麹のチカラで手はスベスベ

65へ4を入れて混ぜる
この頃には手がスベスベになっていますよぉ
麹のチカラってすごい!

7味噌ボウルをつくる

味噌ボウルをつくる
味噌ボウルをつくる

8容器へ7を投げ入れて空気が入らないようにする

味噌樽に入れて熟成させる
味噌樽に入れて熟成させる

9常温で半年以上熟成させる
味噌樽がなければ、バケツやタッパーでもOK

重しをのせて完成
重しをのせて完成

1ヶ月に1回ほど、天地返しをする
天地返しとは、下から全体に混ぜること

出来上がりはお好みの熟成度まで
冷蔵庫に入れたら熟成が止まる

関連ページ
・田舎豆腐のレシピ 基本の豆腐の作り方
・美容食クッキング教室
・美容栄養学1day講座